看護師専門ハローワーク「ナースバンク」

公共職業安定所、いわゆるハローワークの他にも厚生労働省が認可している職業紹介所があります。
それが「ナースバンク」です。ナースバンクは看護師の求人を専門的に扱う機関として、1974年に設立されました。
ナースバンクは各都道府県に設置されており、看護師資格を持ちながら仕事についていない方や転職先を探している方をサポートしています。
参考記事
ナースバンクへの登録方法はナースバンク現地で直接手続きを行うかネットで行うかの二通りの方法があります。ここで間違いやすいのが「ナース人材バンク」です。こちらは民間の転職サイトになりますので、間違えないよう気をつけてください。
ネットでは「e-ナースセンター」という名前で稼働していますので、そちらで登録を行いましょう。
公的機関ということで多くのメリットがありますが、意外とデメリットも多いのです。
看護師専門のハローワークと呼ばれる所以の一つ、約20万件ほどある求人情報を無料で探すことができます。一方で、民間と比較すると、サービスの内容に圧倒的な差があり、情報量が少なく、スピード感がないと言われています。民間では条件交渉も含めて行ってくれますが、ナースバンクではあくまでも相談のみ対応しているそうです。
また、都道府県をまたいで紹介を受けるためには、インターネットから申し込む必要があります。直接出向いた場合、登録先の地域でしか紹介を受けることしかできません。公的機関ならではのはっきりとした区分けがありますので、登録前に自分自身がどこに勤めたいのかをはっきりさせましょう。決まらない、決められない場合はインターネットから申し込むことをお勧めします。